不倫を理由に家出した妻!興信所依頼で探すべき?

新しい若い男性を作り、一緒に同棲するために不倫から家出する妻と言えばまさにドキュメンタリーである。これは映画やドラマの世界の話ではなく、リアルな問題であるところに着目するべきです。

 

家出や行方をくらますのが好きなのは昔から夫より、なぜだか妻であるケースが多いような印象を受けます。おそらくまだまだ日本社会において家庭内を男性が牛耳っている亭主関白系統のファミリーが多いのではないか?と個人的には思っている次第です。

 

今回紹介するの不倫で家出・行方不明になった妻・夫を探偵や興信所に依頼して探すべきか?というテーマです。

 

まずは人探し相談することが先決!

 

事件性があるのであれば警察に相談するべきですが、間違えなく浮気相手の自宅に潜伏していることが予想される場合であれば探偵・興信所に相談するのも1つの手です。

 

ただ、普通に考えて一般人が他人の居場所を突き止めるのは容易なことではなく、時間や費用についても結構掛かってしまうケースが多いのが特徴的です。そこでニーズがあるのが不倫で行方をくらました夫・妻を探すプロフェッショナル集団になります。

 

また、場合によっては妻を取り戻すためにスピード勝負になるケースもあります。実はまだ夫に未練を持ったまま女性が家出していることも考えられますので、早期で対策することによって浮気を許すことができるのであれば復縁のチャンスは広がると言えるでしょう。逆にダラダラと時間をかけると相手の不倫相手の男性と縁が切れない、一緒にいるのが当たり前で依存症になるケースがあると考えられます。

 

そう考えると行動を起こすのであれば今すぐの即日がベストであると言えるのではないでしょうか?

 

家出調査・人探しの実績のある業者

 

1つ必ず注意が必要なのは日本の探偵・興信所のほとんどと言っていいほど浮気調査・不倫調査を専門的に扱っていて、不貞行為証拠・立証以外をメインに扱っているケースはレア(稀)と言えます。

 

ただ、幸いなのは人探し・家出調査など行方をくらました家族を見つけるための興信所については首都圏エリアを中心に地方でそこそこの数を見つけることができる点です。

 

気を付けなければいけないのは興信所で高い評価を得ている会社のほとんどは浮気調査に関する評判である点です。人探し分野とは全くでは無いですが、別の案件になりますので、”家出調査に強い興信所”という点を踏まえて探すことが大切です。結果的に言えるのはランキング・おすすめ特集に関する情報については微細程度の参考にしかならないという点です。基本的には自分で料金・費用等を比較しながら不倫で家出した妻を見つける方法を模索していきましょう!